会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2017.01.15

リノベーション後のくらしの見学会vol.4 ~専門家と二人三脚で創る家~



こんにちは。 
和泉です。  

来る1月21日(土曜日)に、弊社「NENGO研究所所長 林」が丁寧に手掛けた
リノベーション事例を実際に皆様にご覧いただける機会を設けました。  

_O2_0068.jpg

タイトルは、「専門家と二人三脚で創る家」

 まだ若干お席に余裕がありますので、是非いらしてくださいませ。
(以下サイトよりご予約いただけます)




20160616_line_blog.png

298797_106470196129110_427627562_n.jpg


[ 空間ディレクター "仕立屋" ]

和泉 直人  izumi naoto

建築・不動産・デザイン・マーケティングの
4足のわらじを履く、空間創り・不動産目利
きの専門家。
北海道釧路市出身。3児の父。

*詳しくはこちら


2017.01.08

新年のご挨拶


NENGO_新年画像.jpg


新年、明けましておめでとうございます。
日々寒暖の差が激しい年末年始でしたが、皆様体調を壊されておりませんでしょうか。

昨年中は、不動産の購入からリノベーションまでのワンストップ事業を軸に、多くの方の
「暮らし」を提供させていただきました。

私たちは、インスタントに家を「販売する」ということをせず。、お一人お一人と丁寧に向かい
合いながら、その方の世界観や哲学、教育観や家族の関係性など、テキスト化することが
なかなか難しい奥底にあるものを汲み取り、人生という長い時間軸の中で、今のみを切り
取ることなく、長期的な視座も持ちながら、空間を創らせていただいております。

ややこしくてすみません。
でも、これが本当に大切なのです。

加えて昨年は、以下のような様々な事業も行わせていただきました。

歴史的建造物の継承

倉庫をバスケットボールコートに改装

1棟マンション再生

コーポラティブハウス事業始動

仕立てる賃貸

住宅や空間を一過性のトレンドとして考えるのではなく、多様性の強いこの時代に、
人によって個別に違う最適解を導くためには、リノベーションという選択肢のみならず、
様々な仕組みを内製出来る状態にしております。

本年も、皆様が「豊かに暮らす」ことが出来るように、尽力していきたいと思いますので、
引き続き、何卒よろしくお願い致します。


20160616_line_blog.png

298797_106470196129110_427627562_n.jpg


[ 空間ディレクター "仕立屋" ]

和泉 直人  izumi naoto

建築・不動産・デザイン・マーケティングの
4足のわらじを履く、空間創り・不動産目利
きの専門家。
北海道釧路市出身。3児の父。

*詳しくはこちら

2016.12.23

冬期休暇のお知らせ


皆様方におかれましては益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。 

さて、誠に勝手ながら、弊社では下記のとおり休業させていただくことといたしました。 
休業期間中、お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解とご協力を
賜りま すようお願い申し上げます。 


       記 

冬期休業日  2016年12月29 日(木)~2017年1月4 日(水)


                           以上

2016.12.23

まちつくり in 川崎

こんにちは。

和泉です。

先日FBから現場から投稿しましたが、
現在、昭和38年築、延床約2,460㎡の
古ビルを一棟再生中です。

川崎駅から徒歩10分。
川崎市川崎区日進町という、ディープな街です。

各種テナントやシェアオフィスなどの複合施設
として生まれ変わらせます。

unico 1.jpg

老朽ビルの再生というハードウェアの改修ですが、
そこに人が集まり、集まった人々が化学反応を
起こして、さながら発酵したり醸成したりするような、
そんなイメージでコンテンツをマウントしていこうと思います。

unico 2.jpg

そして、川崎という街を"住みたい""遊びたい""働きたい"場所
に仕立てていくことが、来年の我々のミッションの一つです。

ご興味のある方は、是非お問い合わせくださいませ。
よろしくお願いします。


20160616_line_blog.png

izumi_profile_001.pngのサムネイル画像
[ 空間ディレクター "仕立屋" ]
和泉 直人  izumi naoto
建築・不動産・デザイン・マーケティングの
4足のわらじを履く中古不動産×リノベーションの専門家。
北海道釧路市出身。3児の父。

*詳しくはこちら

2016.12.20

季節とインテリア

こんにちは。
林です。

今年も残り少なくなってきましたね。

突然ですが、皆さん季節のインテリアは何かされておりますか。
我が家では、子供が出来たことで季節の行事を気にするようになってきました。

そんな我が家の一場面をご紹介させて頂きたいと思います。

写真1.jpg

我が家では、リビングダイニングの1面だけ壁の色を変えています。
夜は黒っぽく見えるぐらいの緑系の濃いグレーです。

この場所は、既にあるものとの組合せなどはあまり考えず、
家族のお気に入りをレイアウトする場所にしています。
気に入って手に入れたもの達が集まった結果、
自分たちらしい集まり方をするはずと思っています。
現状、盛り過ぎですかね。。。

丁度今の季節は、クリスマス気分です。



new写真2.JPG

色を変えた壁と反対側の白い壁には、フレームをレイアウトしています。

色んなポストカードを持っていましたが、なかなか日の目を見ずどうしようか考えていました。
既成のフレームを探してみましたが、どうしても縁の太さや色が気に入らず、
自分で作って飾っています。

様々な方の家づくりに関わるなかで、共通の考えがあります。
それは、これから始まる「暮らし」がどんな風に変わるか、
そこに住む人・家族らしい風景がどうつくられていくか、をいつも考えています。
豊かな暮らしを包み込むようなシンプルな空間が出来ればと思い、計画を進めています。

ご興味ある方は、是非我が家へお越しください。


20160616_line_blog.pnghayashi_prof.JPGのサムネイル画像林 久順 hayashi hisayori
設計の経験をもとに、あなたのライフスタイルから提案します。

2016.12.10

その街「らしさ」


武蔵関1.JPG

今日は、はじめて武蔵関(西武新宿線)という駅に
降り立ちました。

平均乗降人数が3万人未満の、決して大きな駅(街)
ではありませんが、「関のボロ市」という市が開催されて
おり、道行く人も皆、楽しそうにお祭り雰囲気を味わって
おりました。

https://matome.naver.jp/odai/2141155288657385601


屋台や露店は、ざっと眺めただけで200はゆうに超える
くらいの大きな規模でしたが、その風景は世田谷の
ボロ市とも少し異なり、水路越しの屋台の風景などは、
武蔵関らしさがプンプンしました。

この、「らしさ」って大事ですよね。


関のボロ市.jpg


武蔵関だからこそ味わえる、冬の風物詩。
こういったものが、その街の魅力なんだと思います。

私たちも、この「らしさ」を創造していくことで、
「住みたい」「遊びに行きたい」「働きたい」街に仕立てて
いきたいと考えています。


武蔵関2.JPG


今、様々なプロジェクトが同時並行しておりますが、年末には
大山街道(二子新地駅)に新たな場が出来上がります。

またこの場で詳細をお伝え致しますので、お楽しみにしていた
だければと存じます。

それでは。



20160616_line_blog.png

izumi_profile_001.pngのサムネイル画像
[ 空間ディレクター "仕立屋" ]
和泉 直人  izumi naoto
建築・不動産・デザイン・マーケティングの
4足のわらじを履く中古不動産×リノベーションの専門家。
北海道釧路市出身。3児の父。

*詳しくはこちら

ARCHIVE

CATEGORY

過去のブログはこちらから

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 最新

PAGE TOP