会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2018.05.19

家を購入するとかかる費用

こんにちは。NENGOの小堀です。
"おんぼろ不動産マーケット"では中古マンションの売買仲介をしております。
にも関わらず前回から"家は買わないほうが良い"という内容を含んだお話をしています。

前回、家を購入すると掛かる費用の項目を以下の通り記載しました。
【月々】借入額の元金返済、借入利息の支払い、※管理費・修繕積立金、※(駐車場代) ※マンションの場合(使用している場合)
【1年】固定資産税・都市計画税(一括or4分割払い)
【数年後】修繕積立金の増額 小修繕負担(給湯器の交換・洗浄便座の交換・ガスコンロの交換 etc・・・)

仮にマンション購入のため4,500万円の借入(住宅ローン)を返済期間30年、金利0.8%(概算のため一律とする)で行った場合。(マンションは購入諸費用は自己資金で支払い、75.0㎡程度の3LDKファミリータイプ、都内への通勤に便利なベッドタウンで最寄り駅徒歩10分程度の場所にある事を想定)

【月々】以下の場合の概算・・・合計 約19.0万円

元金返済+利息・・・・・約14.0万円/月

管理費・修繕積立金・・約3.0万円/月 ※一般的に2.0万円~4.0万円程度と物件により異なります。

駐車場代・・・・・・・約2.0万円/月 ※一般的に0.7万円~3.0万円程度と物件・場所により異なります。

【1年】

固定資産税・都市計画税・・・・・約12.0万円/年 ※一般的に10.0万円~15.0万円程度と建物のある地域により異なります。

【数年後】

修繕積立金が数千円程度アップ/月

給湯器の交換(設置後10~20年経過)・・・・15.0万円~28.0万円/台(作業費込み)

洗浄便座の交換(設置後8~15年経過)・・・・3.5万円~9.0万円程度/台(作業費込み)

ガスコンロの交換(設置後10~20年経過)・・・・5.5万円~13.0万円程度/台(作業費込み)

エアコン交換(設置後10~20年経過)・・・・7.5万円~16.0万円/台(作業費込み)

上記のように自身で不動産を取得する場合は、あらゆる想定をした上で、計画的に備えておくことが大事と思います。

想定と備えをする事を前提に、無理は無いか、出来れば繰上げ返済の見込みも立てられるよう、ゆとりある計画が大事と思います。

私は家賃との比較を購入の動機にはしない方が良いと思います。

本当に自身の、家族の"らしさ"をあらわし、快適で心地よい健康的な暮らしの実現など資金計画は大前提として、今の賃貸ではなかなか実現できない広さや、素材、間取り選びなどの自由度を購入の動機にされてはいかがでしょうか?


P写真.jpg

小堀 良治 Kobori Yoshiharu [シニアコンサルタント]

好きなまち:生まれたまち、住むまち、働くまち

川崎市中原区生まれ、育ち川崎区在住の一児の父、一妻の夫。

facebook:https://www.facebook.com/yoshiharu.kobori(個人)

facebook:https://www.facebook.com/onboronet/(おんぼろ不動産マーケット)

-100年後の街づくり- NENGO

2018.05.12

月々の支払が"家賃より安い"で家は買わない方が良い

こんばんは。NENGOの小堀です。

"おんぼろ不動産マーケット"では中古マンションの売買仲介をしております。

にも関わらず"家は買わないほうが良い"という内容を含んだお話をします。

ご購入の相談をお受けすると、動機の中に「家賃を払っているのが勿体無い」「住宅ローンの月の返済額のほうが家賃よりも安い」といったお声をいただく事が多いです。

実際、私の知人、友人の中にもこのような動機で家の購入、検討をされている方々がいらっしゃいます。

私の認識では家賃と住宅ローンの比較は"営業トーク"の一つであって、いつからか消費者側の大きな動機付けへと一人歩きしてしまった感があります。

本当に月々の支払額が動機の最優先事項であるならば、家を購入した際に支払う事となる費用を月、1年、数年後というスパンで慎重にご検討ください。

家を購入した際の例として

【月々】借入額の元金返済、借入利息の支払い、※管理費・修繕積立金、※(駐車場代) ※マンションの場合(使用している場合)

【1年】固定資産税・都市計画税(一括or4分割払い)

【数年後】修繕積立金の増額 小修繕負担(給湯器の交換・洗浄便座の交換・ガスコンロの交換 etc・・・)

上記のような支出は最低限ですので一項目でも想定外があるようでしたら、購入についてはご家族等との更なる検討をなさったほうがよろしいと思います。

想定外と言いますか、予測が容易では無いものとして金利の上昇リスクなどは一般的に言われております。

昨今の住まいの選び方は様々な選択肢があり、交通網の進化、働き方の多様化、シェアリングエコノミーの普及などにより賃貸か売買かどちらかでは無く、従来の形にとらわれないご自身に合った住まい方があると思います。

どのような住まい選びのパートナーを選択するかにより、今後の人生に大きな影響があるかもわかりません。

次回は上記の項目に参考程度の金額も出してみたいと思います。


P写真.jpg

小堀 良治 Kobori Yoshiharu [シニアコンサルタント]

好きなまち:生まれたまち、住むまち、働くまち

川崎市中原区生まれ、育ち川崎区在住の一児の父、一妻の夫。

facebook:https://www.facebook.com/yoshiharu.kobori(個人)

facebook:https://www.facebook.com/onboronet/(おんぼろ不動産マーケット)

-100年後の街づくり- NENGO

2018.04.28

フローリングだけじゃない床材選び

こんにちは。
手塚です。
皆さんゴールデンウイークは如何お過ごしになられますか?
今日から長めにお休みをとられる方も多いのではないでしょうか。
さてさて、今回はリノベーションをするときの内装材の選び方についてです。
なんとなくリノベーションというと「無垢のフローリング」をイメージする方が多いのではないでしょうか。
足ざわりも良く、木のぬくもりが感じられ柔らかい雰囲気を作ってくれますよね。
でもここでもう一つご紹介したいのが「羊毛のカーペット」です。
カーペットというと「少し埃っぽいイメージ...」「衛生的にあまりよくないのでは」と思われる方も多いのではないでしょうか。
意外と知らない心地よさがカーペットにはあるのです。
①夏涼しく、冬暖かい
羊毛のカーペットは湿気を吸収し温度を下げてくれる効果があるります。
夏に素足で歩いてもひんやりさらっとした足ざわりが期待できます。
冬でも床暖房を入れなくても床にすわったり、寝っ転がったり快適に過ごせます。
②埃が舞わない
埃っぽいのでは...?と思わればちなカーペットですが、埃をからめとってくれるので舞うことはないのです。
逆にフローリングは、床から30センチの範囲を埃が舞いやすいと言われております。
ハイハイしだしたお子様の丁度口のあたりを埃が待っているイメージです。
もちろんカーペットの場合日々の掃除機掛けが重要になってきますが、お子様の事を考えると見方が少し変わってきますよね。
③防音効果
カーペットの場合、音を吸収する効果があります。
小さいお子様の足音が響かないかを心配していたり、声が響く事を気にされている方には是非お勧めです。
④家具との相性
リノベーションをしたとき、新しい家具を新調したりすることも多いかと思いますが、フローリングに
木製の家具を合わせるのが意外と難しいんです!
その点、素材の違うカーペットは木の家具などとの相性がとても良いことも大変魅力ですよ。
以上カーペットの魅力をずらっと書いてみましたが、うまく素材を使い分けて心地よい空間をつくっていきましょう。
実は代表の的場の自宅も床はカーペットを使用しております。
カーペットとポーターズの相性もとてもよくグッときます。
参照:的場メモ
20160616_line_blog.png
プロフィール画像.jpeg
手塚 千陽 tezuka chiharu
千葉県市原市出身

好きな街:安曇野 松本
好きなこと:食べること、のんびりすること

2018.04.14

丁寧に環境をつくる

こんばんは。

本日はNENGOにて企画、施工をさせていただいたリノベーション物件の完成見学会を行いました。

「布の彫刻」とも評され国内外で活躍されている香山 まり子さんのアトリエです。

IMG_2624-e1522598037806.jpg

床材、棚板、枠材に香山 由人さんの手配で丁寧に選材された信州の唐松材を使用し、天壁(一部建具)にはNENGOの中込による"馴染む"よう選ばれたポーターズペーイントを使用いただき仕上げさせていただきました。日頃、触れて目にする環境が人をつくっているとするならば、派手なリノベーションよりも丁寧な素材選びがまず大事であると考えます。

30710027_1530453857052135_8092629717594669056_n.jpg

30710567_1530453410385513_2424183789308608512_n.jpg

今回使用させていただいた唐松材は強度の高い材料ながら、その用途は限られてきた材料です。

"材"の欠点を知るからこそ限られる用途。

"材"の良さを知るからこそ広がる用途。

テクノロジーも相まって、デッキ材にも負けず、塩害にも強い、家具、外壁、建具などなど様々な活用が今後広がる事でしょう。

そもそも日本は国土の凡そ7割が森林という世界有数の森林国です。

その占める割合でいえばIKEAに代表され森林大国と評されるスウェーデンに次ぐ世界第三位といわれています。

公共施設の建築には国産材の使用を促進する動きなど様々出ておりますが、民間での促進にはまだまだ流通コストなどに課題があるように思われます。(年明けに新国立競技場も完成時目に見える木材は国産材使用、工事過程での型枠に使う木材は海外熱帯林の木材使用に問題提起がされていましたね)

燃料としても活躍する木材。(捨てるところが無い)

国内の持続可能な循環社会の構築に大きな可能性をもつ国産木材。ただ消費だけに目を向けず、身近な自身が住まう家のスペックも環境として関心が高まる事でこの議論もより成熟していくものと思われます。

30711087_1530453547052166_8062951880126365696_n.jpg

※今回使った唐松の床材は樹齢凡そ60年、枠材は樹齢凡そ95年、写真の唐松は樹齢2年のこれからの日本を背負って立つ若樹です。


P写真.jpg

小堀 良治 Kobori Yoshiharu [シニアコンサルタント]

好きなまち:生まれたまち、住むまち、働くまち

川崎市中原区生まれ、育ち川崎区在住の一児の父、一妻の夫。

facebook:https://www.facebook.com/yoshiharu.kobori(個人)

facebook:https://www.facebook.com/onboronet/(おんぼろ不動産マーケット)

-100年後の街づくり- NENGO

2018.03.26

セルフ減築した家

こんばんは。

NENGO手塚です。

最近一気に暖かくなり、都内ではお花見の季節になりましたね。

そんなお春の陽気の中でリノベーション後の完成見学会を行いました。

お施主様は70㎡のお部屋から55㎡の新居に、家族3人とセキセイインコ2羽で豊かに暮らすためのお引越しでした。

空間の制限がある中家族がみんな過ごす空間に面積を割き、プライベート空間は最小限に設計しております。IMG-2009.JPG

壁はご家族みんなでポーターズのセルフペイント。

壁の連続性を大切にするために扉のレバーはシームレスな物に。

各部屋への出入り口も目立たず壁と一体になっており良い風合いが出ておりました。

IMG-2012.JPG

家族全員の収納部屋として、作業部屋として、どのように使うも自由な空間がありなます。

IMG-1993.JPG

様々な豊かさのカタチに合わせた空間がつくれることを再認識させてもらいました。

是非、ご自身だけの豊かな暮らしを一緒に作りませんか。

20160616_line_blog.png
プロフィール画像.jpeg
手塚 千陽 tezuka chiharu
千葉県市原市出身

好きな街:安曇野 松本
好きなこと:食べること、のんびりすること

2018.03.10

2020年日本の住宅の転換期

こんばんは。

平昌オリンピックの熱気覚めやらぬ中、平昌パラリンピックが開幕し引続き日本人選手の活躍に目が離せません。
その活躍の先に、どうしても視線を向けてしまうのは2020年東京オリンピック・パラリンピック。
なんですが、ここでは2020年に迎える住宅の転換期に視線を少し向け、少々硬いですが大事なお話と思い書き綴ります。

現在日本の建物は世界の先進国と比較し温熱環境が著しく低いと言われています。
そのため国はエネルギー消費性能向上を図るため、大規模な建物から順次改正省エネ基準として国土交通省が義務化を進め、いよいよ2020年には全新築住宅に義務化が及びます。
私は住宅の流通事情として、現在耐震性能であるような「新耐震基準と旧耐震基準」という流通価値の差が「新温熱環境基準と旧温熱環境基準」も伴い2020年以後顕著になると思っています。

この住宅の温熱環境は健康、教育、育児、エネルギー経済など様々な観点から研究結果が出ており、例えば"我慢を伴わないエコ"といったように、身近なライフスタイルを考える上で大きな変化がやってくると思います。(既にやってきている)

義務化は国土交通省が進めていますが、経済のバランスへの配慮から慎重に慎重に底上げが図られています。
結果、底上げにより消費者の関心が高まると、そのずっと先で旗を振っている経済産業省の基準が見えてきます。

リノベーションにおいても、表面的なデザインや新品を好む多数の傾向が、今まで消費者の関心が低い傾向にあった壁や床のその裏側、窓のサッシ、換気設備などの省エネ性能や素材、機能を活かした暮らしの仕方へ不動産価値の消費者判断が大きく変わる時代はもう目の前まできています。

マンション改修に際して当社での断熱材吹付け作業の写真

写真はマンション室内の改修に際して当社にて断熱材の施工をしている様子です。


P写真.jpg

小堀 良治 Kobori Yoshiharu [シニアコンサルタント]

好きなまち:生まれたまち、住むまち、働くまち

川崎市中原区生まれ・育ち 川崎区在住の一児の父、一妻の夫。

facebook:https://www.facebook.com/yoshiharu.kobori(個人)

facebook:https://www.facebook.com/onboronet/(おんぼろ不動産マーケット)

-100年後の街づくり- NENGO

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 最新

PAGE TOP