会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2012.09.29

ドレメ通り

こんばんは。
森です。

本日はクライアントのご案内で、
目黒のドレメ通りに行ってきました。

目黒駅を出てすぐのこちらの通りには、
杉野学園の校舎や博物館が
ずらっと並んでいます。

また、その合間合間に
ヴィンテージ感あるマンションが
ちらりと顔を覗かせる、
そんな雰囲気のある通りです。

そこに思い思いの恰好をした
杉野学園の生徒たちが歩く姿全てを含めて、
この通りが完成しているように思います。

最近感じるのは、
街の雰囲気は、そこにあるお店や建物だけでなく、
住む人、訪れる人の質によっても決まるものだなということ。

「人の質」なんていう言い方をすると
良い印象を受けないかもしれませんが、
似たような好みの方、似たような生活を送っていらっしゃる方、
少なからず共通点のある方が同じ街に集まっているような気がします。

いま物件探しをされていて、
どの街が自分に合うのかなとお考えの方は、
そんな「人」の面にも着目すると
より自分に合ったエリアが見つかるのではないでしょうか?

$おんぼろ不動産マーケット STAFF BLOG

2012.09.28

GRIFFON

こんばんは、三井です。


先日、設計の打ち合わせをしに表参道のGRIFFONにお邪魔しました。

社内は心くすぐる仕掛けが沢山ありました。


なんてことないポストカードや雑誌の切り抜き
ボードに張り付けるだけでインテリアになります。

$おんぼろ不動産マーケット STAFF BLOG


無造作に置かれた棚の商品はuniquestandardsで購入可能です。 サイトを見に行くだけでも楽しいので是非。


$おんぼろ不動産マーケット STAFF BLOG

2012.09.27

小川軒

先日おんぼろ不動産マーケットで開いた相談会。

リノベーションしたマンションの一室をお借りして、
お茶会をイメージした和気あいあいとした会を開きました。

お茶会に欠かせないものと言えば…

お菓子ですよね!!!


私が選んだお菓子は、
(と言ってもマネージャーに教えてもらったのですが、)


小川軒さんの看板商品『レイズン・ウィッチ』



ではなく、レイズン・ウィッチの外側のクッキー生地。

お店に立ち寄ったとき、
このレイズン・ウィッチがちょうど売り切れだったので、
泣く泣くクッキーを買ったのですが、
さすが看板商品は違います!

クッキーがほんとにほんとに美味しかったです。
中のレイズンとクリームがなくても
この上ない満足感の得られるお味でした。



何でも小川軒さんは、
「材料8割、腕2割」をモットーに商品づくりをされているそうです。
このクッキーも北海道のバターメーカーと協力して作った、
小川軒オリジナルのバターを使っているこだわりよう。

こだわりの素材でつくられたものは、
世の中の価格競争なんかに巻き込まれない魅力があります。
一方で、あまりこだわりなく、量産しやすいように作られるものは
どんどん安価にせざるを得ない悪循環に陥っていきます。

レイズン・ウィッチに限った話ではなく、
どんな業界においても当てはまることですが、
単純に、こだわりのある素材って触れてみて(食べてみて)気分が良いですよね。

そんな感覚的な判断を多くの人がすることで、
世の中に流通するものがもっと
使う人目線のものになるんじゃないでしょうか?

提供する方も選ぶ方も
自分が心地よいと感じるものを選んで生活していく。
ささやかだけれども、
そんな行動が確実に
良い方向に導いてくれそうだと思いませんか?

2012.09.25

太陽光発電

こんにちは、三井です。


日本管理センターが、一般賃貸住宅向けに、賃貸物件オーナーの
収益物件にかかわる電力コンサルティング事業を開始します。


太陽光発電システム導入や電力を売却したり、自家使用することでのコスト削減、
LED照明導入による共用部節電などを提案していきます。


ドイツなんかでは一般家庭が太陽光発電をして、それを国が買い取ったりする
仕組みが非常に発達しています。
そのような制度があることも手伝って、屋根の高さがすべてそろっていて
街並みが非常に綺麗になっています。

日本の建築物は残念ながら好き放題建てられてしまっていますが、
高さを揃えるだけでも印象は良くなるのにな残念に思います。
これから、変えていかないといけませんね。

2012.09.24

弊社のオーダーメイド賃貸がSUUMOで特集されています。

こんにちは。
ディレクター和泉です。

弊社で行っている「オーダーメイド賃貸」が、
SUUMOで特集されております。

賃貸に自由を。
賃貸をクリエイティブに。

そんなワードは数多存在しますが、
ここまでのプロジェクトは、
なかなかないですよ。


詳細はこちら

2012.09.24

需要と供給

こんばんは。森です。

おんぼろスタッフは毎日、「良い物件出てないかな~?」と
中古マンション市場を隈なくチェックしております。

そんな毎日の中で、ふと思うのが、
中古マンション市場の
需要と供給が合致していないんじゃないか、ということ。

ここで言う需要とは、
購入希望の方の求める物件数や物件価格ではなく、
購入希望の方が、中古マンションを購入される動機と捉えて下さい。

中古マンションを購入する動機は人それぞれですが、
内装を自分好みに作り上げたい、とお考えの方が
多いことと思います。

にも関わらず、
市場にはリフォームを施した綺麗な状態の物件が
多く出回っています。

「さぁこれから自分にぴったりの空間を作ろう!」と
意気込んでいるところに、
こうした綺麗な状態の物件を見ると、
「せっかく綺麗な状態をまた全て作り直すのはいかがなものか…」
と、ためらってしてしまいますよね。


もちろん、綺麗な室内を活かしつつ出来た空間が
その方に合っているということもありますし、
そういった方法を否定するわけではありません。

ただ、
中古マンション購入を検討される方が、
内装を自分好みに作り上げたい、と
お考えである以上、
何も手を加えていない箱のままが、
欲しい方はたくさんいらっしゃるはずです。

リフォーム代の上乗せされた物件よりも、
手を加えていない状態の物件の方が需要があるように
思えてならないです。


そんな需要と供給のアンバランスの解消が、
実は中古マンションの流通を活性化させる鍵を
握っていたりするのかもしれませんね。

ARCHIVE

CATEGORY

過去のブログはこちらから

1  2  3  4

PAGE TOP