会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2014.05.31

意識の高い人と出会えっ!!

こんばんは。
中田です。

本日、私たちの事務所では、
室内温度が30℃を超えると
いう異常事態発生。
パッシブだといって、何だ
かんだエアコンを使って
いなかったのですが、
とうとう文明の利器を頼る
こととなりました。

さて、本日のタイトル。
どこのセミナーの謳い文句
だよ…と思われた方もいらっ
しゃるかもしれません。

が、しかし。
使い古された言葉かもしれ
ませんが、本当に大切なこ
とだと思います。

正直、日々の生活に追われ、
その日を一日を過ごすだけ
で精一杯な時もあります。
ですが、そんな中でも、
意識の高い人と会って、
話をするだけでも、とても
自分の意識が上がります。

それは、相手のエネルギー
にあてられるということも
あると思います。
でも、それでもいいと私は
思います。
それで自分のスイッチが入
るなら、願ってもないこと
です。

ただし、ここでご注意。
ただ、与えてもらうばかり
ではなく、自分も与える存
在にならなければならない
ということ。
何かを発信する自分になり
ましょう。

と、本日も?真面目なお話。

では、よい週末を。

2014.05.29

BRUTUSとリノベーションプロセス

クライアントさんから、ご担当さ
れたナンバーのブルータスを頂き
ました。

ありがとうございます!


「親と子」

というタイトルで、子育てについて
の哲学や実例を交えて紹介されてい
る今回の号は、1人の親としてとて
も考えさせられましたし、1人の指
導者(ミニバスケットボール)とし
ても、あるべき姿を再度考えるきっ
かけになりました。

リノベーションで部屋のゾーニング
を考える時でも、子育ての哲学を反
映した空間になるでしょうし、親と
して子供をどう育てていくか、が空
間構成の大きな要因となる事は間違
いありません。

そういう意味でも、リノベーション
(家創り)は、哲学の要素を多分に
含んでいると思いますし、大切なの
はプロセスなのだと思います。

これからリノベーションをされる方
は是非、このプロセスを楽しんでく
ださい。

因みに私の子育てにおいて、哲学は
2つ。

「大切なことを明確にすること」
「愛すること」

私は決して人に誇れるような、素晴
らしい幼少時代を過ごしてきたわけ
ではありません。

ですから子供にそれを強要すること
もありません。
お前の子供は伸び伸びしすぎだ!と
言われることもあります。

ですが、「人に迷惑をかけない事」
「礼儀」「感謝」など、私にとって
大切にしている事は、
何があっても、どんな時でも、強く
意識させます。

愛する、というクダリは、人様にお
聞かせできるような話ではないので
割愛しますが。。。

とにかく、人それぞれ子育て観があ
るので、そこをリノベーションプロ
セスで徹底的に掘り下げて考えてみ
ることも、素晴らしい経験になると
思います。

建売りやパッケージングの家では決
して味わえない事です。

2014.05.28

研修旅行

photo:01


こんにちは、詫磨です。
先日は急遽お休み頂き有難うございました。

株式会社NENGO社員で山梨に研修旅行に行って参りました。

山梨といえばワインということで、
ワイナリーでは国産ワインの
こだわりを伺いながら、
甲州葡萄を使った土地のワインを
色々試飲させて頂きました。

日本の気候風土で育った葡萄は、
あっさりした日本食を引き立たせる
上品な味わいでした。

また、樽で熟成されたワインもとても香り高く芳醇でおいしく、
私たちがリノベーションにおいて
経年変化を楽しむのと同じく
時を経てより味わい深くなる
ワインと建築の思想は一緒なんですね。
益々そんな家つくりをしたいと思った
研修旅行でした。

photo:02

photo:03

photo:04

2014.05.21

臨時休業のお知らせ

平素より格別のご愛顧を賜り誠に有り難うございます。

おんぼろ不動産マーケットでは、下記の期間社員研修のため、
誠に勝手ながらお休みとさせていただきます。


5月23日(金)・24(土)


ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

2014.05.20

戸越

photo:01


こんにちは、詫磨です。
街歩きが楽しめる季節ですね。
木々の緑も花々もきれいで、歩いていて
とても気持ちがいいです。

今日は戸越の地区を通りましたが、
公園がとっても気持ちの良く、
ママたちがピクニックしてました。

写真は戸越公園北の文庫の森です。

品川区には戸越公園、林試の森などなどあり、砧公園や駒沢公園まで大きくないももの、
お子様いる方は毎日のお散歩や遊びに連れて行くのにぴったりな公園がいくつもあり、
毎日使いできるいい公園が身近ですね。

photo:03


また目黒区・世田谷区の保育園事情と比べると随分品川区は認可に入りやすいという話もよく伺います。

のびのび子育てするには品川区いいですよね。
ちなみに日本有数の商店街の一つ、
戸越銀座は今日も賑わっておりました!

photo:02

2014.05.18

柿の木坂建築手記




柿の木坂の中古マンション×リノベーションのお家を、
本日お引渡しさせていただきました。

思えばこのお宅の完成までには、物件サーチングのフ
ェーズに始まり、基本設計、VE等の要所で様々なスト
ーリーがあり、お引渡しを迎えた本日、それらが走馬
灯のように頭の中を駆け巡りました。

昨日行った完成お披露目会には70名を超える方々にご
来場いただきました。皆さんからいただいたお言葉は
どれも嬉しくなるものばかりで、そして何よりおひと
りおひとりの平均滞在時間が1時間を超えるという事
態に、「居心地が良いんだな。」と勝手に良い解釈を
して、ニンマリしておりました。

簡単ではありますが、頭がどっぷり浸かっているうち
に、この物件のストーリーを記しておこうと思いたち、
長文で失礼いたしますが、ご興味のある方はお読みい
ただければと存じます。







建築手記

この共同住宅が建てられたのは、東京オリンピックの
直前。

同じく東京オリンピックに向けて建設された駒沢公園
の塔の桁のデザインと似ており、この時代のデザイン
の勢いを強く感じます。

このマンションは、管理規約で植栽の栽培を奨励して
います。
同時に、洗濯物をベランにて干す事を禁じていること
からも、街からの見え方・街との関係性を意識し、街
並みを形成する上での個体の役割をとても強く認識し
ている、文化的な建物だと思います。

東・南・西と巡っている大谷石の塀と、植物の有機的
な姿、そして幾重にも重ねられた直線の美しいライン
が、とても印象的です。


今回リノベーションをするにあたって、気を配った点
について、少し書き記しておきます。


ひとつめは、外とのつながりを大切にすること。

この部屋に一番初めに立ち入った時、ここを吹き抜け
る風の気持ちよさに、感動しました。

これを最大限活かして行くことは絶対に必要であると
強く感じ、東西の大開口を風が駆け抜ける道の確保を
大切にしています。

そして、プライベート空間は基本的に全部屋2か所の
開口を確保しており、室内のどこにいても気持ちの良
い空間になるように構成しました。

天井に配したルーバーは、この建物のファサードを構
成している桁のデザインを室内にも踏襲し、内と外の
関係性を緩やかにつなげる様にしました。

また、約50年の間大切に磨かれながらメンテナンスさ
れてきた塀で使用されている大谷石は、このマンショ
ンの積み重ねてきた歴史のそのものであることから、
室内にも一部取り込み、これから自身もこの意識の高
い集合住宅の一員として住み継いでいく意思を表して
います。





もう一つは、家族の子育てに対する考え方を、空間に
体現するということ。

これから思春期に入っていく子供を3人抱え、家族の
在り方を模索した時に、その関係性と距離感、という
キーワードが今回のリノベーションの大きな要素の一
つになりました。

幼少期~発育期の小学校過程を経るまでは、家族とい
う塊を行動の最小単位と考えて、キッチンを中心とし
た母親の目の届く範囲内で行動が行われる様に誘導し
ています。

リビング空間として想定している西側の空間とも、壁
で仕切るのではなく、家具で仕切る程度に緩やかに仕
切ることで、それぞれのスペースで過ごす際の気配を、
それぞれが感じることを出来るようにしました。

同時にそれが、風の流れを確保するのにも役立ちまし
た。

帰宅時は必ずパブリックスペースを通過することで、
必然的にコミュニケーションが生まれる構成にしてい
ます。

それぞれの個室はミニマル空間です。

これはやはり家族の求める関係性から決定した広さで
す。
子供たちの生活が個室で完結するのではなく、個室は
あくまで自分の所有物をオーガナイズするスペースで
あることと、快適な睡眠をとることのみを目的として
おり、それ以外は極力機能を持たせないことで、なる
べくパブリックスペースに誘いたい、という子供との
距離感を考えた構成です。

中学~大学期の、勉強などにて個人の時間を必要とす
る時期は、めぐろパーシモンホール内にある八雲中央
図書館を自邸の書斎感覚として利用することを、念頭
に置いております。

この感覚を持つことで、更に街との関わりを維持する
ことが可能になったと考えております。







もう一つ、強く意識したこと。

それは、生活の中で四季を感じることができ、豊かな
暮らしを送れる様にすること。

日本は四季を味わえる、素晴らしい自然環境を有した
国です。

その四季を、室内に居ながらも感じることが出来るよ
うに、東西に広がる2つのバルコニーのプランターを利
用して、春夏秋冬を、視覚・嗅覚・触覚にて楽しめる
植栽計画を実行しました。

春は東京タワーの方向に、シマトネリコとイロハモミ
ジ、オリーブなどが花を咲かせます。また、この方向
にはタモも植えており、室内の大部分で使用している
木材との親和性を図っています。

夏はラベンダーの香りが東側から吹く風に乗って室内
に流れ込み、秋にはいろはもみじの葉が赤づく姿を眺
めながら、ブルーベリーの実を収穫し、冬には南天の
真っ赤な実と蝋梅(ろうばい)の香りを楽しむことが
出来る空間。

南天は、難(南)を転(天)じるといういわれがある
ように、江戸時代から縁起木として日本人に浸透して
いる植物です。

更に、植物の少ない冬には鳥が南天の実を好んで食べ
に来ます。
そんな、鳥が集まる空間になって欲しいとの意味も込
めております。

また、東西それぞれにある、大開口させることが可能
な窓。
ここを解放する際、NAKEDの名の通りおおっぴろげに
開け放つことこそが、この空間を最大限気持ちよく使
うことだと感じ、網戸で遮るのではなく、虫除け効果
も期待できるユーカリやジャスミンなどを植えること
で、防虫効果を確保しております。



建築的な美しさはもちろんですが、上記の考え方の様
な、その土地の気候や風土や文化や、そこに住まう人
の世界観について考査をしました。

これは、このお施主さんで、この場所で、この価格で、
成立する個別解だと思います。

人それぞれに個別解が存在しますので、その正解を求
めていくプロセスにこそ、リノベーションという空間
を再定義する手法の大きな意義があると思っておりま
す。

私たちは、中古マンションの購入とリノベーションの
ワンストップスキームでハードウェアを造っておりま
すが、ハードの構築を通して、本質的な豊かさ、とい
うソフトウェアを創ることを、何よりも何よりも大切
にしております。


空間ディレクター
和泉直人

ARCHIVE

CATEGORY

過去のブログはこちらから

1  2

PAGE TOP