会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2014.12.22

2020年の東京を想う―ザハ・ハディド企画展

こんばんは、横川です。

先日、東京オペラシティアートギャラリーにて 開催されていたザハ・ハディドの展覧会に行ってきました。


今年で開館15周年を迎える
東京オペラシティアートギャラリーは、
絵画、彫刻、写真、インスタレーション作品など、
ジャンルにとらわれることなく、
大空間ならではのダイナミックな企画・展示を
行っているギャラリーで、定期的に足を運んでいます。


2020年東京オリンピックの会場となる、
「新国立競技場」国際デザイン・コンクールで
最優秀賞に選出されたことでも
話題になったザハ・ハディドの建築。

ザハが設計した新国立競技場は、
一見すると奇抜な外観のためか、
メディアにも大きく取り上げられ、
多くの議論が巻き起こりました。

その是非については様々な意見があると思います。

ただ、東京に誕生するひとつの建築が、
たくさんの人にとって、この都市の将来像を考える
きっかけとなったという点においては、
歓迎すべきニュースだったのではないでしょうか。


2020年というそう遠くはない将来へ向かって、
私たちはこの東京で、どんな住まい方を目指し、
どんな街づくりをしていくべきなのか。

不動産のプロとして、
また、東京に暮らす一個人として、
じっくり考えていきたいと思います。

2014.12.19

年末年始休暇のお知らせ

平素より格別のご配慮を賜り誠に有り難うございます。

おんぼろ不動産マーケットでは、下記の期間は、
誠に勝手ながらお休みとさせていただきます。


※※年末年始休暇のお知らせ※※


12月28日(日)~1月4日(日)


ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

今年も残すところあとわずかですね。
寒い日が続いておりますが、皆様お身体ご自愛くださいませ。

2014.12.18

NENGOプロジェクト紹介!

こんばんは。江頭です!

本日の日経新聞・神奈川版におんぼろ不動産マーケットを運営しております株式会社NENGOのプロジェクトが掲載されました。
簡単にご紹介させていただきますね。
{27FA8C49-E330-474A-99B1-1D16F99952FA:01}

こちらは、横浜国立大大学院建築都市スクール(Y-GSA)とリスト株式会社株式会社NENGOによる、産学連携による集合賃貸住宅のリノベーション(大規模改修工事)プロジェクトです。

空き室問題と地域の課題解決を並行して取り組んでおり、
産学連携でチームをつくり、各物件の改修工事の計画を立案します。
その中には、防災面への配慮や商店街活性化のために屋上などの一部分の地域解放なども検討されています。

私たちNENGOとしては、「新たな賃貸リノベーションのモデル」を作っていきたいと考えていますので、
今後の活躍にご注目いただけたら幸いです!

賃貸部門の綱島不動産マーケットでは、「仕立てる賃貸」のような賃貸リノベーションの新たなモデルとなる事業を展開しております。

ご興味いただけそうでしたら、お気軽にお問い合わせください!

2014.12.16

バルコニーを楽しむ



こんばんは、詫磨です。

今回はかなり主観が入りますが、
本日おんぼろ不動産マーケットにアップしました、
南青山リハイムはとっても私の好みのお部屋でした。
不動産探しをしていると、条件ピックアップして
くださいと言われると思うのですが、そんなことは
関係なくとにかく気持ちがいい!それに尽きる物件
でございました。

3方向のバルコニーって気持ちがいいですよね。
そしてバルコニーも鉄でデザインのかわいい手すり。

実はバルコニーの手すりってとっても重要なんです。
あまり注目されないポイントかもしれませんが、
こういった細い手すりですと、光・風が入ってきます。
そうすると洗濯物を低い位置に干しても乾きますし、
植物も気持ちよさそうです。
そして更なるポイントは、ソファーに座って目線が低い
状態でも遠くまで見渡せるのです。



こんなに抜け感のある物件で新しい物件にありがちな
コンクリート製の厚いバルコニーの手すりだと、
お部屋からの眺望が半減です。

ただし、高所恐怖症の方にはつらいですね。。。


さて、コメントもどんどん熱が入ってしまいますが、
都会好きな方、リノベーションされたい方、そして一番の
ポイントはご予算合う方是非ともご覧頂きたい物件です。
私も買えるものなら住みたいです。。。

写真をたくさん撮ってきましたのでこちらのブログに
おんぼろ不動産マーケットのサイトに載せきれなかった
分は掲載いたします。


2014.12.10

ヨーロッパの街並みその2

{B8CCB40B-33B6-4158-8AD5-FA411DE6C29A:01}


こんばんは、詫磨です。
先日のヨーロッパ旅行の続きです。


一日だけストラスブールというフランスの
ドイツとの国境近くの街に行ってきました。
陸続きのヨーロッパ、フランスとはいえども
建物やお店の様子は少しドイツが入っている様な
街でした。

建物も通り一辺倒ではなく、少しミックスカルチャー
な感じがありました。
それでも統一感があるのはやはり、通りからの
壁面のラインが揃っていたり、建物の高さが揃って
いたりなど規律が美しいからでしょうか。


{E0429E47-DAB5-433F-8434-F3DB8FB7D0C0:01}


ヨーロッパの街にはシンボル的な協会があり、
その周りには商店がありますね。
まるで日本の仲見世通りです。


{E60D3C26-B080-4DE3-99B1-74315F578AC4:01}


{0A9AD907-C2ED-44D1-A170-86E63674F3CB:01}


実はこのストラスブールという街はクリスマスマーケットで
有名なのですが、行ったときはまだその直前で残念ながら
準備中でした。
でも窓先の植栽やお菓子屋さんの店頭など町中クリスマス
ムードです。
街を挙げてのお祭りムードは世界全国共通のわくわくした
空気感がありますね。


そして、個人的に好きなのは「川」までは行かなくても
運河など水辺のある街並み。
川沿いの並木道も雰囲気が良く、橋の形状を見るもの面
白いです。

{34412EAD-2568-4AB1-978D-057E4D89AF71:01}


最後に、、、
リノベーションや特に店舗の内装などでは「エイジング」
と呼ばれるわざとアンティーク調に特殊にペイントを
施したりしますが、この下の建物は天然のエイジングで
とてもシックな外装になっておりました。
曇天でかつノスタルジックな秋のストラスブールの街に
とってもよく合っており、何気ない街角のお店でしたが
勝手にベストオブストラスブールに認定したいと思います。



{9156A008-9C1A-455D-A9C1-0E47F4F32C9A:01}


2014.12.08

街とゆるやかに繋がる―大倉山集合住宅

こんにちは、横川です。

先日仕事で東急東横線「大倉山」駅に降りた際、
気になっていたこちらの建物を見に行ってみました。


曲線が美しいコンクリートの壁面。
中庭があるようですが、蛇行した壁に阻まれて、
道路からは奥まで覗くことはできません。
好奇心そそられますよね。




このコンクリート壁で気づく方もいらっしゃると思いますが、
こちら、金沢21世紀美術館の設計などで知られる
妹島和世氏設計の建物です。その名も「大倉山集合住宅」。

この集合住宅の特徴は、各住戸と中庭の関係性です。

よく見てみると、各住戸の庭(プライベート)と、
敷地の中心部分にある中庭(パブリック)とが、
仕切りも境界線もなくつながっています。

建物の中のプライベート性は守りながらも、
そこで閉じてしまわず、外部ともゆるやかに繋がっている、
そんな空間に仕上がっています。

見せ方の違いはもちろんありますが、
外部との繋がりを意識した空間作りという点は、
NENGOのリノベーションにも 共通するエッセンスなのかな、と感じました。


ご近所や外出先で気になる建物に出会ったら、
なぜこんなデザインなんだろう?と考えてみる。

そんなふとしたことから、
自分が住みたい家、暮らしたい街のイメージが
湧いてくるかもしれません。

おんぼろ不動産マーケットでは、 そんなイメージが膨らみそうな、
わくわくする物件を集めて、
皆様をお待ちしております。

ARCHIVE

CATEGORY

過去のブログはこちらから

1  2

PAGE TOP