会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2015.02.24

ファッションブランドとカフェ

{CB144DDA-BC2B-45AD-B99F-BC451FE2D37A:01}

こんにちは、詫磨です。

私はカフェが大好きなんですが、
リノベーションを控えた方に参考になるカフェをご紹介したいと思います。

表参道にあるcafe kitsune です。
maison kitsuneというフランスのファッションブランドのカフェです。
{62D0EC70-2EE5-42A0-B5CB-46F84DDAF5EC:01}

普通のRC造の1階に入っているのですが、フランスのブランドが作ったカフェだからか、純和風ではないのですが、海外の方のイメージする日本、な感じでしょうか。

{FF759F2A-7BAF-41EE-AB32-5549DFC14703:01}

かといって古臭さは全くなく、まさに現代
的な和洋折衷。
このベンチなんかも純和風!では無くていい雰囲気出てますよね。

{7F7354FC-331C-4BC6-AAA1-2C11CD28BDD0:01}

そしてクロスの貼り分けや


{3FA20369-397E-46A7-9F17-0BE173EF5C54:01}

これはトイレの中なんですが、タイルの使い方や色使いは、とっても参考になりますね!


好きなファッションブランドの運営するカフェは、そのファッションの世界観が反映され、創り込まれているので、リノベーションの参考になると思います。

好きなブランドがカフェを運営していないか探してみてください。


2015.02.23

IDÉE+NENGOリノベーションセミナー開催!!


こんにちは、横川です。
本日はセミナー開催のお知らせです!

来たる3月8日(日)に、家具を通して「暮らす」という
楽しみを提案する株式会社イデーと共同で
リノベーションセミナー「中古住宅物件の選び方と
家具から考える空間づくり」を開催いたします。

本セミナーでは、建築の専門的な知識を持ったIDÉEの
スタッフと、中古不動産の目利きに特化したNENGOの
スタッフにより、「中古住宅物件の選び方」を様々な
観点から分かりやすくご紹介します。

また、IDÉEがご提案する「家具から考える空間づくり」の
魅力や楽しさについても、実際に手がけたリノベーションの
事例を交えて詳しくお話をします。

セミナー後は、スケルトン中古物件を実際に見て
いただきながらポイントをレクチャーするツアーを行います。

中古住宅物件を購入してリノベーション、
メディアなどでも頻繁に取り上げられるようになったけれど、
実際どうやって進めていけばいいのだろう?

自分らしい空間づくりをしてみたいけれど、
具体的にはどうしたらよいのだろう?

こんな疑問・不安を持たれている方に、
ご自身の手で望む「暮らし」をつくっていくための
手段としてのリノベーションをよりリアルに考えて
いただける、濃密な内容になっております!

セミナー概要およびお申込みは、
こちらのフォームからお気軽にどうぞ!
おんぼろ不動産マーケットでも引続き、 リノベーションに関するパーソナルな
ご相談をお待ちしております。

2015.02.20

疲れた時はこの一杯!

こんばんは。江頭です!

皆さんは疲れた時に食べたくなる食べ物ってありますか?
甘いものですか?しょっぱいものですか?

僕はもっぱらラーメンです!
なぜか無性に食べたくなっちゃうんですよねー。
明日のために、エネルギーチャージが必要なんですかねー。

今日もついつい足が運んでしまいました。

{8B9F3BFA-078C-4296-A0C1-8B1CE12CFE9E:01}

{EECF4DF7-4494-492A-8247-FD36080D9205:01}

{1D377FFC-075C-409D-A88B-6866A2C4BE01:01}

AFURI 中目黒店のつけ麺(柚子露)です。

流石は中目黒!
ラーメン屋さんも内装がスタイリッシュです。
女性のお客様が多いのも土地柄ですね。

柚子の風味が効いたあっさりと口当たりのいいスープと麺との絡みは絶品でした。

ふぅー、、、満足!

エネルギーもチャージしたので、明日からも頑張ります!

皆様に本質的に豊かなお住まいをご紹介できるように!

例え築年数が経過していても、住民達から愛されていたり、管理や修繕状況が優れている物件を多く取り扱っております。

ご紹介できる物件はHPに掲載されている物件だけではございません!

あなたらしい物件を一緒に見つけ出しましょう!

お住まいに関してのご質問やパーソナルなお打合せはこちらから。
お気軽にお問い合わせください!

2015.02.16

自分のルーツを探るー駒込


こんばんは、横川です。


先日お客さまの物件ご案内で、

駒込の街を歩いてきました。


この界隈で幼少期を過ごした私にとっては、

とても懐かしい街並みです。


かつてこの地は「駒込染井村」と呼ばれ、

多くの植木職人が住んでいたそう。

最もポピュラーな桜の品種「ソメイヨシノ」は、

この地に住む職人の手で育成されたのだとか。


桜と縁の深い土地だけあって、

駒込駅の発車サイン音は「さくら」、

駒込駅設置の郵便ポストは桜色・・と、

桜にちなんだモノや表現を、

そこかしこに見つけることができます。


駒込駅すぐの場所にある「六義園」も、

桜の名所でお花見シーズンは一段と

にぎやかな雰囲気になります。


久しぶりに自分が20年余りを過ごした街を

歩いて、華やかさはないけれど穏やかで、

四季の移り変わりを感じられる土地が

やっぱり好きだなぁと再認識しました。


住まい探しを始めてみると、

ネット上には情報が氾濫していて、

自分が本当に求めているものって

何だったっけ??と、

迷子状態になることもあると思います。


そんな時は、自分が生まれ育った場所、

思い出の場所をふらりと訪れてみては。


自分のルーツを辿ってみることで、

生活・住まいに求めるものが、

見えてくるかもしれません。


2015.02.13

文豪の愛した土地をあるくー芦花公園


こんばんは、横川です。

先日のお休みに、世田谷文学館で開催中の
「岡崎京子展―戦場のガールズ・ライフ」を
観に行って来ました。

高校生の頃に『リバーズ・エッジ』という作品に
出会って衝撃を受けて以来、単行本を見つけては
買い揃えて貪り読んだ岡崎京子の漫画。

今回はその岡崎京子の
初の大規模展覧会ということで、
昨年末から楽しみにしていました。

漫画表現にとどまらず、文学や音楽にも
造詣の深かった岡崎京子の作品は、
それらからの引用も多くあり、
1980年代から90年代にかけての
日本サブカルチャーを読み解くのに
ぴったりの教材だと思います。

展示内容も、各々の作品から、
それが生み出された時代背景を深く探る
ものになっていて、見応え十分でした!

この展覧会が開催中の世田谷文学館は、
京王線「芦花公園」駅から道路を
まっすぐに南下した場所に位置しています。

この駅名の由来は、かつて青山から
この地に移り住んだ文豪・徳富蘆花。
現在も徳富蘆花の旧邸が保存されている、
蘆花恒春園があることから、この駅名が
付けられました。

晩年は晴耕雨読を旨とした徳富蘆花の生活が
浮かんでくるような、穏やかな空気のこの地には、
緑豊かな環境をうまく活かし、敷地にゆとりを
もって建てられた上質なマンションも多数。

武蔵野の面影を残す世田谷の地の魅力を、
またひとつ発見した休日でした。

2015.02.10

家探しのポイント

{8DD64288-AB7F-4EB0-91BD-BB09C70215D5:01}



こんにちは、詫磨です。
繁忙期、お役所も混んでおります!
休みの不動産屋が多い火曜水曜はお役所回りに持ってこい、というわけで目黒区やら品川区やらその他諸々回っています。
重要事項のご説明に当たって色々自分の目と足を使わないと気が済まない性格、、、

忙しいのは嬉しい悲鳴、ということで。

今回は家探しのポイントを少し。

少し前にSUUMOのCMで息子くんとパパが、過去パパの住んだ家たちを辿るCMがありましたよね。
プロポーズした家、その前に荒れていた一人暮らしの家。
そういった感じで過去住んだ家を思い出してみてください。
何か一本筋が通っていませんか?
それか好きでなかった家、すぐ引越ししてしまった家の気に入っていなかったポイントは何ですか?

それが家に対するこだわらないといけないポイントだと思うのです。
人によっては値段かもしれないですし、緑が見えることかもしれません。
思い起こしてみてください。
ご夫婦はそのポイントをよく話し合ってみてくださいね。

ちなみに私は明らかに眺望です!
※冒頭の写真はリゾートヴィンテージマンションの代名詞逗子マリーナのとあるお部屋からの眺望です。

ARCHIVE

CATEGORY

過去のブログはこちらから

1  2

PAGE TOP