会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2015.12.26

建物を住み継ぐということ

PC130011.JPG
こんにちは、横川です。

先日友人の結婚式があり、
新宿区にある小笠原伯爵邸を初めて訪れました。

昭和初期に、小笠原家30代当主小笠原長幹の本邸として
建築されたスパニッシュ様式の建物。
設計は、慶應義塾大学図書館のほか、大正~昭和初期の、
近代化著しい日本の都市に映えるオフィスビルを多数手がけた
曾禰中條建築事務所です。

室内の繊細かつ華やかな装飾に、うっとりと見入ってしまいました。
特に強く印象に残ったのが、写真の部屋。
当時は男性専用のシガールームとして使われていた空間です。

天井・壁・床に施された美しい装飾と鮮やかな色彩に目を奪われました。
PC130019.JPG

実はこの建物、2002年にレストランとしてオープンするまでの
約75年間、人々の目に触れることがなかったといいます。

長い時を経て、当時の粋が詰まった建築の素晴らしさを
味わえることに感謝すると同時に、建築はただ単に保存するだけでなく、
人がその中に入って生かしていく必要があるのだと改めて感じました。

私たちの仕事においても、これまで丁寧に住み継がれてきた建物の、
ひとつひとつが持つ魅力を引き出し、より多くの方に伝えていきたいと
思う一日でした。



2015.12.10

自由に設計できる、新築マンション@浜田山


hamadayama.jpg

こんばんは。
和泉です。

いつもは、中古マンション×リノベーションのスキームで、

豊かな暮らしを追及している私達ですが......

今回は少し趣向を変えて、

掲題にある通り、

「新築なのに、室内を自由にできるマンション」

をご紹介します。

http://www.nengo-renovation.jp/hamadayama/


場所は、緑豊かな京王井の頭線「浜田山駅」

何がすごいかというと、この物件、室内の広さが

70平米に対して、ルーフバルコニーが同じく70平米

ついてくるんです。

しかも、浜田山の景色が一望できる、

「スカイバルコニー」

なのです。

詳細は、ぜひ上記URLをご覧になってみてください。




2015.12.07

スタッフ熱烈募集

P7191219.JPGのサムネイル画像



私達の仕事は、

不動産の取引と、

リノベーションを

ご提供することですが、


本当のところでいうと、こんな写真の様な笑顔や、

幸せを提供することです。


自分が、「自分でも住みたい!」と思える家を

目利きし、実際にその部屋に訪れて取材し、

記事を書き、HPや各種メディアにて会員様に

向けてご紹介をする。

それを見てくれた方がご内見やお打合せをご希望

してくれた場合に、一緒に現地に行ったり、本社

SHOWROOMなどで打ち合わせを行う。

それも「駅から何分が良いですか?という」単なる

不動産の記号のやり取りの打ち合わせではなく、

お客様の「生き方」や「世界観」や「教育方針」など

から、本音でお客様にどっぷりと関わっていく。

そんな仕事です。

お問合せは大歓迎です。


お問合せ先: n-izumi@nengo.jp



募集職種: 不動産コーディネーター

募集人数: 3名程度



2015.12.07

イマジネーションを膨らませて

こんばんは。江頭です。

昨日からご紹介を開始した、「秀和祖師谷大蔵レジデンス」。
皆さんはもうご覧いただきましたか?


「おんぼろ不動産マーケットにぴったりな物件だ。」
とお部屋の中に入った瞬間に感じました。

磨けば光る、原石のような物件。

ご紹介のページにも書いてあるように、
【イマジネーション】これがどんどん溢れ出てきます。

庭、風、緑、光、、、
取り入れたい要素がたくさん出てくる物件です。

例えば、
庭をどのように使いましょうか?
壁一面に緑を配し、窓からみえる緑の割合を高めてあげたら、
リラックスできる気持ちが安らぐ空間ができそうですね。

DSC08686.JPG

間仕切りの位置をどうしますか?
大きなお部屋でありません。ですが、南側と西側とでまったく
違う景色が広がります。
仕切りの使い方一つでお部屋の印象をガラッと変えられそうです。

DSC08698.JPG

窓の多さをどのように活かしますか?
風の通り道をつくってあげれば、風が通り抜ける気持ちの良い空間
ができますよ。
プライベートガーデンを活かし、室内と外部をつなげ、開放的な生活も
できそうです。

このお部屋は2階のお部屋だということを忘れさせます。
2階のお部屋で開放的に、清清しく生活ができるという物件には、
毎日都内にある数ある物件と向き合っている私でも、なかなか出会えま
せん。

DSC08714.JPG

近隣の自然環境も良いので、もう少し広ければファミリーにも住んでいた
だきたいのですが、、、、
今回はおふたり、もしくはおひとりでの生活をお考えの方にオススメさせ
てください。

生活を豊かにしてくれる要素がたくさん詰まったお部屋です。
現地であれこれと想像を膨らましながら、語り合いましょう!


2015.12.05

リバサイで豊かに暮らす

IMG_0180.JPG


和泉です。


今日、東急多摩川線の鵜の木駅に、行ってきました。


コンパクトなサイズ感じの街でしたが、チェーン店に
席巻されておらず、とても住みやすそう。


写真は、来週からHPに掲載する予定の物件から見える景色です。


南は多摩川とその畔の景色でほぼ埋め尽くされております。
北東側には、東京タワーとスカイツリーのWタワー。


80平米台・3,000万円台中盤。


カーテンもブラインドもいらないでしょうね。
最高に豊かな生活が出来そうです。


ご興味のある方は、以下HPをチェックし続けてください...

と書こうと思いましたが、多分足が短い物件になりそうなので、
是非とも個別にお問合せくださいませ!

http://www.onboro.net/contact/


2015.12.05

表情豊かな色を纏って暮らす

IMG_1067.JPG
こんばんは、横川です。

過日、お施主様のご厚意で開催させて頂いた、
リノベーション完成お披露目会が、盛況のうちに終了いたしました。

マンションの内外問わず、たくさんのお客さまにお越し頂き、
中古マンション購入×リノベーションによって生まれた空間を
楽しんで頂けたと同時に、私もひとつ、気づいたことがありました。

IMG_1066.JPG

今回の会場となったお部屋の壁は、弊社が輸入販売を行っている塗料
「ポーターズペイント」を全面に使って頂いています。

288色のカラーと約10種類の質感を組み合わせて、
非常に深みのある色彩表現が出来るのがこのペイントの魅力ですが、
この日、イベント開催中の約3時間半という時間を室内で
過ごしてみて分かったこと。

それは、ポーターズペイントで塗装された壁が、陽が傾くとともに
その表情を刻一刻と変えていることでした。

ポーターズペイントは、表面が均一になるローラーは使わず、
刷毛を使って塗ります。
この刷毛塗りによって、壁にうっすらと凹凸が生まれ、
自然光や照明が当たるとほのかに影ができるのです。

我が社で、自宅の天井と壁にポーターズペイントを塗装した社員が
かつて言っていた、「じっと見ていても飽きない天井」という言葉の
意味を、この体験から実感することが出来ました。

私が自宅を購入したのは約3年半前。
まだペイントの魅力を知らずに、ビニールクロス仕上げにしたことが
少々悔やまれます。。いつかは我が家の壁も、自分の手で、
好きな色に塗ってみたいという思いを強くした一日でした。

IMG_1063.JPG

最後の写真の壁の色は「old church white」。
このようにすべての色に名前がついているのも、愛着が湧く所以ですね。

ARCHIVE

CATEGORY

過去のブログはこちらから

PAGE TOP