会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2017.07.09

加地邸に想いを馳せて。


008 S.jpg

空間ディレクター和泉です。

昨年、継承をさせて頂いた「加地邸」。
加地邸とは、フランクロイド・ライトの愛弟子である遠藤新氏の設計による、
葉山の別荘建築です。
日本は高度経済成長期以降、「住み継ぐ」という概念が、マイノリティ化
してしまいました。

この建物も、建築雑誌では散々紹介されている放っておいたら壊される
可能性がありました。
と言うのも、俗に言う「THE・不動産屋さん」に話を聞くと、建物は価値が
なく、建売用地として売るしか方法がないので、〇〇円程度です。

と言う状態だったのです。

何も、私達は全ての住宅をリノベーションしようという気は更々ないですし、
残すに値する建物を目利きして、キチンとリノベーションしていきたい。
という考えなのですが......

創り手や住まい手が、丁寧に丁寧に、愛しながら暮らしてきた住まいであり、
葉山の歴史や文化の変遷を見守ってきた建物だけに、継承する意味はとても重い。
と感じました。

とはいえ、ここを「価値」として判断してくれる方、判断できる方は非常に
少なく、利活用方法や収益化方法など、リアルに所有する事を考えると、
継承は困難を極めました。

019 S.jpg

先日、スタッフ達と、この加地邸にお邪魔してきました。
(こうしてお邪魔できるという事は、継承が成功裏に終わったからなのですが、
その話は別機会に譲ります)

築年数という基準値ももちろん一つの要素でしょうが、その判断軸のみならず、
もっと多面的に「豊かな暮らしを創っていくこと」。
これこそが、家を買う・家を作る際に、初めに、そして最も重要視していく項目
なのだと、あの空間に身を置く度に思い知らされます。


20160616_line_blog.png

298797_106470196129110_427627562_n.jpg


[ 空間ディレクター 兼 仕立屋 ]

和泉 直人  izumi naoto

建築・不動産・デザイン・マーケティングの
4足のわらじを履く、空間創り・不動産目利
きの専門家。
北海道釧路市出身。3児の父。

*詳しくはこちら

ARCHIVE

CATEGORY

過去のブログはこちらから

PAGE TOP