会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2017.08.06

家への愛着。

IMG-5131.JPG
柱に刻まれた、身長の推移の刻印。
昨日、これからはじまるリノベーションの現場で発見しました。
30代以上の方は特に、ご自身の成長記録を、実家の柱に刻んだ方は
多いのではないでしょうか。
日本の家は、新築されてから壊されるまでの平均築後年数が、諸外国に
比べて格段に低い、約30年程度というデータがあります。
これは、建築物の物理的な限界値を示しているわけではなく、あくまで
経済活動における要因が、根幹にある数字です。
でも、こんな刻印がある家は、単に経済活動の為にスクラップ&ビルド
するのではなく、大切に大切に、使い続けていこう。住み続けていこう。
と思わせてくれますよね。
IMG-5135.JPG
因みにこの物件では、こんなヴューがあります。(都内ですよ。)
一面、竹林なんです。
アスファルトの上を通ってくる風と違って、この竹林を通ってくる風は、
なんだか少し涼やかです。
室内はリノベーションで如何様にもなりますが、例えばカーテンを開けた時
の気持ちよさ。という感覚はリノベーションではコントロールしずらいので、
物件を目利きする段階で検討する事をお勧めします。
因みに、「緑視率」という考え方があります。
詳細はweb site にてご確認ください。

http://www.onboro.net/

20160616_line_blog.png
298797_106470196129110_427627562_n.jpg
[ 空間ディレクター 兼 仕立屋 ]
 
和泉 直人  izumi naoto
建築・不動産・デザイン・マーケティングの
4足のわらじを履く、空間創り・不動産目利
きの専門家。
北海道釧路市出身。3児の父。
 
*詳しくはこちら

2017.07.09

加地邸に想いを馳せて。


008 S.jpg

空間ディレクター和泉です。

昨年、継承をさせて頂いた「加地邸」。
加地邸とは、フランクロイド・ライトの愛弟子である遠藤新氏の設計による、
葉山の別荘建築です。
日本は高度経済成長期以降、「住み継ぐ」という概念が、マイノリティ化
してしまいました。

この建物も、建築雑誌では散々紹介されている放っておいたら壊される
可能性がありました。
と言うのも、俗に言う「THE・不動産屋さん」に話を聞くと、建物は価値が
なく、建売用地として売るしか方法がないので、〇〇円程度です。

と言う状態だったのです。

何も、私達は全ての住宅をリノベーションしようという気は更々ないですし、
残すに値する建物を目利きして、キチンとリノベーションしていきたい。
という考えなのですが......

創り手や住まい手が、丁寧に丁寧に、愛しながら暮らしてきた住まいであり、
葉山の歴史や文化の変遷を見守ってきた建物だけに、継承する意味はとても重い。
と感じました。

とはいえ、ここを「価値」として判断してくれる方、判断できる方は非常に
少なく、利活用方法や収益化方法など、リアルに所有する事を考えると、
継承は困難を極めました。

019 S.jpg

先日、スタッフ達と、この加地邸にお邪魔してきました。
(こうしてお邪魔できるという事は、継承が成功裏に終わったからなのですが、
その話は別機会に譲ります)

築年数という基準値ももちろん一つの要素でしょうが、その判断軸のみならず、
もっと多面的に「豊かな暮らしを創っていくこと」。
これこそが、家を買う・家を作る際に、初めに、そして最も重要視していく項目
なのだと、あの空間に身を置く度に思い知らされます。


20160616_line_blog.png

298797_106470196129110_427627562_n.jpg


[ 空間ディレクター 兼 仕立屋 ]

和泉 直人  izumi naoto

建築・不動産・デザイン・マーケティングの
4足のわらじを履く、空間創り・不動産目利
きの専門家。
北海道釧路市出身。3児の父。

*詳しくはこちら

2017.06.11

家は、カタログギフトから選ぶ訳ではないですから。


こんにちは。
和泉です。

家創りははじめてなんで、どんな事からはじめて、
どんな事を伝えたら良いのか...分からない...。。
という事を、よくお客様から聞きます。

IMG_1335.JPG

ハイ。お答えします。

残念ながら日本では、義務教育の中で「豊かな住まい方」や
「豊かな暮らし方」についての切り口で教育が行われてきて
いないので、家を購入するフェーズに突入して初めて、この
様な問題にぶつかります。
これでは豊かな暮らしを考える時間は短いですよね...。。

それを憂いても仕方がないので、差し迫っている問題の回答
からお伝えすると...

とどのつまり...「楽しめば、良いんです。」

はい、至極簡単な回答で申し訳ありません。。。

NAKED食事.jpg

打ち合わせのやり方とか、そもそもアプローチの方法とか色々
ありますが、「自分たちの家創りを楽しむ!」という決意こそが
すべての帰結する考え方であり、これが潤沢にある場合と、
欠落している場合だと、完成物にとんでもなく大きな差が出ます。
これ、経験上間違いありません。

NAKED打ち合わせ風景①.jpg

私はNYでデザインを勉強し、帰国後は不動産→設計事務所→
空間ディレクターという職の変遷の中で様々なお宅を創らせて
頂きましたが、この原則が間違っていた事は、只の一度もあり
ません。

でも、これを実践する事は、中々容易ではないですよね。
なんせ、どうやって楽しみかさえ、手探りですから。

だからこそ、自分はこういう考えを持っていて、(これが良いの
か悪いのかは分からないけど...でも良いんです)こうやって生きて
いきたいんだよね。というのを考えるきっかけにしていただきたい
のです。

IMG_1685.JPG

私達は、プロとして皆様の生き方を空間に具現化していきます。

皆様は、「住まうプロ」ですから、どうやって暮らしたいか?に
ついてのお考えは、皆様からしか出てきません。

とりあえず思っている事をジャンジャカぶつけてみてください。
それをくみ取って、咀嚼したり、まとめたり、編集したりするのは、
私達がやりますので、安心して。

NAKED打ち合わせ風景②.jpg

何でも良いんです。
こんな事言って良いのかな?ってことはないんです。

むしろ、そういった部分にこそ、真の想いが隠れているはずです。

私達は、個別に違う皆様の想いを、一つ一つ大切にしています。
くみ取ってもらえないんじゃないか??というのは、考える必要が
ありません。

IMG_2031.JPG

もし、作り手側が「??」であったのならば、それはパートナーと
してふさわしくない、という結論で良いと思います。

このプロセスにおいて、必ず自分だけの「豊かな暮らし方」に行き
当たる事ができますから。大丈夫です。

家は、カタログギフトで選ぶ訳ではないですから。


20160616_line_blog.png

298797_106470196129110_427627562_n.jpg


[ 空間ディレクター 兼 仕立屋 ]

和泉 直人  izumi naoto

建築・不動産・デザイン・マーケティングの
4足のわらじを履く、空間創り・不動産目利
きの専門家。
北海道釧路市出身。3児の父。

*詳しくはこちら

2017.06.04

「ナントカ風」


こんばんは。
和泉です。

住宅やリノベーションの世界ではよく、
○○風という表現が使われていますよね。


「カフェ風」
「プロバンス風」

みたいなやつです、はい。

アジアンテイストとかもそうですね。


その土地らしい気候があって、太陽の差し込み方があって、歴史があって、文化があって、はじめてそのスタイルが成り立つものであり、それを「スタイル」や「テイスト」という言葉にて、表面的に輸入してくる事に...どうも違和感を拭えない訳です。

そんな事よりも、この本読んで、本当の豊かさを自分なりに頭の中からダンプして、言語化して、具現化して...というフェーズを踏んだ、キチンとした家創りを、オススメします。

「陰影礼賛」(谷崎潤一郎 著)
「簡素な生活」(シャルル・ヴェグネル 著)

陰影礼賛.jpg


簡素な生活.jpg

家創りを始める前に、是非お読みください。




298797_106470196129110_427627562_n.jpg


[ 空間ディレクター 兼 仕立屋 ]

和泉 直人  izumi naoto

建築・不動産・デザイン・マーケティングの
4足のわらじを履く、空間創り・不動産目利
きの専門家。
北海道釧路市出身。3児の父。

*詳しくはこちら

2017.05.27

不動産の目利き 〜美術編〜



さて、不動産を美術で目利きする。
これはなかなか一筋縄ではいかない話です。

単なる不動産仲介の仕事は、近い将来、AIの仕事になってきます。

変なホテルの様に。

hen-na-hotel.png

いくら契約までの間、お殿様お姫様扱いされたとしても、
ユーザーにとっては最大瞬間風速性の強い快楽であり、
その後の長い人生において、豊かな暮らしが得られる
わけでは決してありません。

今後の不動産の目利きは、このシリーズで書いている
「国語」「算数」「美術」の3視点全てにおいて、自分に
フィットするスタイルを見つけ出す事が絶対的に必要なのです。

リノベーションとは、単なる格好の良さやトレンドの話では
ありません。

「自分たちの暮らし方を棚卸しし、決してステレオタイプ
ではない自分たちらしい暮らしを実現する」

ための手段です。

例えば、以下のURLをご覧になってください。

空間の持つポテンシャルを最大限活かすことと、

そこに住まう家族のあるべき姿を表現すること。

これが「美術」です。

もう少し具体的に言うと...
例えば、子供が帰宅した際に、親とコミュニケーションを
取ってからプライベートエリアに入っていくために、全ての
個室はリビングを通過しないと行けない動線になっています。

naked.jpg

こんなことを家創りのベースとなる不動産探しの段階から
会話していき、それに相応しい物件を目利きしていくのです。

これは、空間デザインに特化した視点がないと叶えられません。

ですが、これが出来るパートナーとの家探しは、貴方の人生を
劇的に豊かなものに変える事を、お約束します。

家創りは、人生そのものです。

自分らしく、いきましょう。




298797_106470196129110_427627562_n.jpg


[ 空間ディレクター 兼 仕立屋 ]

和泉 直人  izumi naoto

建築・不動産・デザイン・マーケティングの
4足のわらじを履く、空間創り・不動産目利
きの専門家。
北海道釧路市出身。3児の父。

*詳しくはこちら

2017.05.20

不動産の目利き ~国語編~


kokugo-hen.JPG

こんにちは。
和泉です。

前回から不動産の目利きについて書かせていただいておりますが、
第2回は、「国語編」です。

「豊かに暮らす」為の不動産の探し方について書いております。
長~い文章ですが、どうか最後までお付き合いくださいませ。


まずはじめに...ご自身がアパートやマンションを借りた事がある方は、
当時の事を少し思い出してみてください。

家を借りる時、不動産会社の方にはじめに聞かれるのは...

「どこの駅がいいですか?」
...や
「駅から何分まで歩けますか?」
...とか、
「築年数は何年までOKですか?」
...更には、
「何向きがいいですか?」

などではなかったですか?

koujyou.jpg
こんな風景を5分と...


kitazawa.jpg
こんな緑道を10分...



でもこれって...ご自身は本当に本当に、それがマストと思って話をされて
おりますか?
単に、聞かれるから...北向きよりは南向きの方が一般的には良いよね?
って状態ではないですか?

そして不動産会社の方は、何やらおもむろにパソコンをカタカタしたと
思ったら...

「条件に当てはまる物件は3軒です。どれがお好みですか?」

ってなって...

「う~~ん、なかなか良いのが無いなー。」
「何か妥協しなければいけないのかなー」

ってなったことはありませんか??

この作業って、

「The・フモウ」ですよね。
(因みに「妥協」という言葉が猛烈に嫌いです。)

実はこれ、不動産会社側のリテラシーが低い事に起因している事なのです。
(もちろん、全ての不動産会社とは言いませんよ。)

例えば向きにしても、

「窓を開けたら隣の建物がかなり近くに接近している南向き」
と、
「四季を感じられる気持ちのよい植栽が借景として眺められ、
人から見られにくい北東」
であれば、どちらを選びたくなりますか?


もう1つ例えてみると...

「駅から5分」と「駅から10分」。

数値だけ見ていくと、そりゃ5分でしょ!となりますが、

「工場地帯を通っていくシャビーな風景の5分」と、

「北沢川緑道を通っていく健やかで気持ちのよい10分」。

...単に数値のみが意味を持つ訳ではありませんよね。

という事は、向きや徒歩距離(これに関しては限界はありますが)
というのは、単なる不動産会社と住まい手の間で交わされる、
意思統一の記号でしかない。という事になります。

そして、不動産会社理論として、よりイージーに顧客要望を把握する
ために、この様なスーパー簡単な数値・記号に落とし込まれていく訳です。

これで、「豊かな暮らし」が手に入りそうですか?

少し話はそれますが、単に「探す」という作業はじきに、AIのものになるでしょうね、
間違いなく。
今でさえ、情報の非対称性は失われ、住まい手とプロの間の情報はシンメトリーです。
皆さんがYAHOO不動産で閲覧する情報と、私たちが国交省指定のサイトでチェックする
情報には、既に格差がないのです。
(強いて言えば、皆様がアクセスできるサイトには、おとり広告がある、という違いくらいです)


「家を買う」という行為の本来目的は、「豊かに暮らす」事だと思います。

豊かに暮らす。という行為は決してスーパーで売っているものではなく、
自分たちで創っていき、編集していくものですから、このような簡単な記号に
落とし込んでしまうのではなく、自分達らしさ全開で臨んでいただきたいと考えています。

私たちは一番初めのお打ち合わせで、この様な記号的な事はほぼお伺いしません。

もっと...

どんな世界観をお持ちで...
どんな暮らしがしたくて...
趣味は○○で...
休みの日は○○して過ごしたくて...
お子さんとの関係性はこうなりたくて...

というような、より人間らしい、より個人のパーソナリティーに寄り添って、
家探し・家創りをはじめさせていただいております。

結果、プチ郊外で100㎡が良い、と考えていた人が、話し合った結果、都心寄りの
場所で60㎡の物件を購入した。という様な例も珍しくありません。
資産性なども十分考慮してこの結果になったのですが、今ではとても豊かに
暮らされております。

単に数値で検索していたら、この結果は得られなかったと思います。

前述の通り、不動産物件情報には非対称性がありません。
ですが、
「豊かな暮らし」をGETする方法には、思いっきり非対称性があります。

今回の国語編を通してお伝えしたかった事は、

「豊かな暮らし」を実現するには、簡単なスキームに落とし込むのではなく、
自分らしくオートクチュールに探す。という事です。

それが可能なパートナーはなかなか多くないと思いますが、その場合は、
私達おんぼろ不動産マーケットが是非立候補いたしますので。


20160616_line_blog.png

298797_106470196129110_427627562_n.jpg


[ 空間ディレクター 兼 仕立屋 ]

和泉 直人  izumi naoto

建築・不動産・デザイン・マーケティングの
4足のわらじを履く、空間創り・不動産目利
きの専門家。
北海道釧路市出身。3児の父。

*詳しくはこちら

ARCHIVE

CATEGORY

過去のブログはこちらから

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

PAGE TOP