会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2017.05.27

不動産の目利き 〜美術編〜



さて、不動産を美術で目利きする。
これはなかなか一筋縄ではいかない話です。

単なる不動産仲介の仕事は、近い将来、AIの仕事になってきます。

変なホテルの様に。

hen-na-hotel.png

いくら契約までの間、お殿様お姫様扱いされたとしても、
ユーザーにとっては最大瞬間風速性の強い快楽であり、
その後の長い人生において、豊かな暮らしが得られる
わけでは決してありません。

今後の不動産の目利きは、このシリーズで書いている
「国語」「算数」「美術」の3視点全てにおいて、自分に
フィットするスタイルを見つけ出す事が絶対的に必要なのです。

リノベーションとは、単なる格好の良さやトレンドの話では
ありません。

「自分たちの暮らし方を棚卸しし、決してステレオタイプ
ではない自分たちらしい暮らしを実現する」

ための手段です。

例えば、以下のURLをご覧になってください。

空間の持つポテンシャルを最大限活かすことと、

そこに住まう家族のあるべき姿を表現すること。

これが「美術」です。

もう少し具体的に言うと...
例えば、子供が帰宅した際に、親とコミュニケーションを
取ってからプライベートエリアに入っていくために、全ての
個室はリビングを通過しないと行けない動線になっています。

naked.jpg

こんなことを家創りのベースとなる不動産探しの段階から
会話していき、それに相応しい物件を目利きしていくのです。

これは、空間デザインに特化した視点がないと叶えられません。

ですが、これが出来るパートナーとの家探しは、貴方の人生を
劇的に豊かなものに変える事を、お約束します。

家創りは、人生そのものです。

自分らしく、いきましょう。




298797_106470196129110_427627562_n.jpg


[ 空間ディレクター 兼 仕立屋 ]

和泉 直人  izumi naoto

建築・不動産・デザイン・マーケティングの
4足のわらじを履く、空間創り・不動産目利
きの専門家。
北海道釧路市出身。3児の父。

*詳しくはこちら

2017.05.20

不動産の目利き ~国語編~


kokugo-hen.JPG

こんにちは。
和泉です。

前回から不動産の目利きについて書かせていただいておりますが、
第2回は、「国語編」です。

「豊かに暮らす」為の不動産の探し方について書いております。
長~い文章ですが、どうか最後までお付き合いくださいませ。


まずはじめに...ご自身がアパートやマンションを借りた事がある方は、
当時の事を少し思い出してみてください。

家を借りる時、不動産会社の方にはじめに聞かれるのは...

「どこの駅がいいですか?」
...や
「駅から何分まで歩けますか?」
...とか、
「築年数は何年までOKですか?」
...更には、
「何向きがいいですか?」

などではなかったですか?

koujyou.jpg
こんな風景を5分と...


kitazawa.jpg
こんな緑道を10分...



でもこれって...ご自身は本当に本当に、それがマストと思って話をされて
おりますか?
単に、聞かれるから...北向きよりは南向きの方が一般的には良いよね?
って状態ではないですか?

そして不動産会社の方は、何やらおもむろにパソコンをカタカタしたと
思ったら...

「条件に当てはまる物件は3軒です。どれがお好みですか?」

ってなって...

「う~~ん、なかなか良いのが無いなー。」
「何か妥協しなければいけないのかなー」

ってなったことはありませんか??

この作業って、

「The・フモウ」ですよね。
(因みに「妥協」という言葉が猛烈に嫌いです。)

実はこれ、不動産会社側のリテラシーが低い事に起因している事なのです。
(もちろん、全ての不動産会社とは言いませんよ。)

例えば向きにしても、

「窓を開けたら隣の建物がかなり近くに接近している南向き」
と、
「四季を感じられる気持ちのよい植栽が借景として眺められ、
人から見られにくい北東」
であれば、どちらを選びたくなりますか?


もう1つ例えてみると...

「駅から5分」と「駅から10分」。

数値だけ見ていくと、そりゃ5分でしょ!となりますが、

「工場地帯を通っていくシャビーな風景の5分」と、

「北沢川緑道を通っていく健やかで気持ちのよい10分」。

...単に数値のみが意味を持つ訳ではありませんよね。

という事は、向きや徒歩距離(これに関しては限界はありますが)
というのは、単なる不動産会社と住まい手の間で交わされる、
意思統一の記号でしかない。という事になります。

そして、不動産会社理論として、よりイージーに顧客要望を把握する
ために、この様なスーパー簡単な数値・記号に落とし込まれていく訳です。

これで、「豊かな暮らし」が手に入りそうですか?

少し話はそれますが、単に「探す」という作業はじきに、AIのものになるでしょうね、
間違いなく。
今でさえ、情報の非対称性は失われ、住まい手とプロの間の情報はシンメトリーです。
皆さんがYAHOO不動産で閲覧する情報と、私たちが国交省指定のサイトでチェックする
情報には、既に格差がないのです。
(強いて言えば、皆様がアクセスできるサイトには、おとり広告がある、という違いくらいです)


「家を買う」という行為の本来目的は、「豊かに暮らす」事だと思います。

豊かに暮らす。という行為は決してスーパーで売っているものではなく、
自分たちで創っていき、編集していくものですから、このような簡単な記号に
落とし込んでしまうのではなく、自分達らしさ全開で臨んでいただきたいと考えています。

私たちは一番初めのお打ち合わせで、この様な記号的な事はほぼお伺いしません。

もっと...

どんな世界観をお持ちで...
どんな暮らしがしたくて...
趣味は○○で...
休みの日は○○して過ごしたくて...
お子さんとの関係性はこうなりたくて...

というような、より人間らしい、より個人のパーソナリティーに寄り添って、
家探し・家創りをはじめさせていただいております。

結果、プチ郊外で100㎡が良い、と考えていた人が、話し合った結果、都心寄りの
場所で60㎡の物件を購入した。という様な例も珍しくありません。
資産性なども十分考慮してこの結果になったのですが、今ではとても豊かに
暮らされております。

単に数値で検索していたら、この結果は得られなかったと思います。

前述の通り、不動産物件情報には非対称性がありません。
ですが、
「豊かな暮らし」をGETする方法には、思いっきり非対称性があります。

今回の国語編を通してお伝えしたかった事は、

「豊かな暮らし」を実現するには、簡単なスキームに落とし込むのではなく、
自分らしくオートクチュールに探す。という事です。

それが可能なパートナーはなかなか多くないと思いますが、その場合は、
私達おんぼろ不動産マーケットが是非立候補いたしますので。


20160616_line_blog.png

298797_106470196129110_427627562_n.jpg


[ 空間ディレクター 兼 仕立屋 ]

和泉 直人  izumi naoto

建築・不動産・デザイン・マーケティングの
4足のわらじを履く、空間創り・不動産目利
きの専門家。
北海道釧路市出身。3児の父。

*詳しくはこちら

2017.05.14

不動産の目利き ~算数編~


こんにちは。
和泉です。

少しご無沙汰してしまいました。
すみません。

最近は多くのお問い合わせを頂くようになりまして、どういった事が
我々専門家に求められているのか、少しずつ変わって来ている様に
思いますので、その辺を加味して、何とか皆さんのお役に立てそうな
ことを、少しずつ綴って行ければと考えております。

まずは、最近多いご質問に対しての見解から。
算数編なので、堅いお話から入りますが、必ずお役に立ちますので、
ご容赦ください。

ここ1年間の問い合わせで1番多い内容の1つが、
「今、オリンピックの影響で不動産価格が高いとニュースでやっているので、
購入するのを控えるべきでしょうか?」
という種類の質問です。

DATA1を見てください。

DATA1
DATA_1.jpg

これはおんぼろ不動産マーケットのユーザーの方々に支持されている東京南西部
目黒、品川、大田、世田谷、中野、 杉並、練馬)における、平成24年度以降の
土地価格の推移です。

東京オリンピックが決まったのが2013年(平成25年)9月8日ですから、
表中では平成25年代三四半期に該当します。
確かに平成25年第三四半期頃から平成28年の第一四半期までは、緩やかに
上昇のカーブを描いていますよね。
オリンピックの決定とタイミングが合致しますね。

一方、DATA2を見てください。

DATA2

DATA_2.jpg


これは、過去2年間(平成27年~平成29年)における中古マンションの
取引事例の、価格推移です。
土地ほどの大きな動きは無いとは言え、カーブの仕方はニアな状況ですよね。
土地の価格推移とマンションの価格推移が連動している事がここから見えてきます。

ではやはり、オリンピックに価格が引きずられて入るのでしょうか。

オリンピック後まで待つ!というのは正解なのか...??

一方、成熟した都市部で行う今回のオリンピックでは、大規模なインフラ整備を
伴う新興国のそれとは異なり、不動産市場における経済効果は限定的であるという
見方もあります。
2012年のロンドンオリンピックでは、不動産市場への影響はほぼ見られなかったと
報告されています(以下、野村総研資料URLより)。


加えて、オリンピック後にも、羽田の国際化やリニア新幹線の開通など、オリンピック
ほどではないとは言え、日本の首都圏が注目される要素が幾つもあります。

更には、国策として物価2%目標も継続して掲げており、それが達せられれば、即ち金利の
上昇する可能性が大きくなります。
仮に不動産価格が下落傾向に突入したとしても、金利が上がれば...プラスマイナスの幅次第ですが...
あまり待つ事に意味がないですよね。

という事で、私見としては、オリンピックによって上昇下落が全決定する訳ではない。
と考えています。

これらは、自分でコントロールする事が難しいですよね。

こういった不確定要素の強い外的要因に身を任せるのではなく、「自分は購入する必要があるのか否か」
「どういった不動産を購入し、どうやって豊かに暮らすのか?」などの内的要因に考え向けていく事を
お勧めします。

でも、こういったことを考えられるのは、購入前のタイミングのみなので、私たちのお客様へは
隠すことなく、専門家としての考えをお伝えして参りますね。

ではでは。


20160616_line_blog.png

298797_106470196129110_427627562_n.jpg


[ 空間ディレクター 兼 仕立屋 ]

和泉 直人  izumi naoto

建築・不動産・デザイン・マーケティングの
4足のわらじを履く、空間創り・不動産目利
きの専門家。
北海道釧路市出身。3児の父。

*詳しくはこちら

2017.04.02

「らしさ」を感じるかなまら祭り in 川崎

こんばんは。
和泉です。

私達はどんなプロジェクトでも常に、「らしさ」を創造する事に脳みそと労力を掛けます。

らしさを認識する。
らしさをキチンと解釈する。
らしさを体感する
らしさを取り込む。
らしさにオマージュする。
らしさを知ってもらう。
必要に応じて、らしさを創造する。

どの街にも、その街の歴史や文化、風土を基にした【らしさ】があります。

近年流行の金太郎飴的な街の開発の先にあるものは、瞬間風速の強い商業的成功であって、
しかしながらそれは没個性であり、継承してきた文脈の破壊であると同時に、
街に対しての帰属意識の濃度を薄めるものでしかありません。

歴史は、何かしらのロジックだったり、先人の知恵や、ストーリーに基づいているもの。
文化は、その土地の風土や気質から蓄積されたもの。

その場所にしかないもの。
その場所でしか得られないもの。

それらを大切に継承することは、決してコンサバではない筈です。

こんなおかたい書き出しにも関わらず、今日の話は「Iron Penis Festival」です。

この取材でもお話ししましたが、川崎の「らしさ」は、
少し猥雑な部分もあります。


</div>
						</div>
					</div>
                 
                  
					<div class=

2017.03.20

熱海にて感じた事。


和泉です。

10年ぶりに、熱海に街の視察に行って来ました。

何故熱海かというと‥‥

①リノベーションスクールなどを経て、街が随分変わった様を見ておきたかった。
②普段できない電車で酒を飲むというオーセンティックな「The・旅」を満喫したかった事。それには丁度良い距離感だから。


10年前と比較すると、駅前にはかなり人が戻ってました。
駅を降りてすぐ、足湯がドーンと鎮座しており、ここも10年前は人がまばらだったけど、今では満席状態。

熱海_足湯.JPG


全体的に国内とインバウンドは、9:1くらいの割合でしょうか。国内需要が戻ってる辺りが凄い。


熱海銀座商店街周辺も、空き店舗は数えるほど。
10年前は本当にスカスカな状態だったことを考えると、凄い変化です。

ゲストハウス・マルヤさんをはじめ、若い方が地道に頑張っているのがよく分かりました。

ゲストハウス_マルヤ.JPG


ただ、駅5分のオーシャンビューの屋敷跡(旧日向邸近く)に、タワーマンション建設中×1棟&マンション計画中×1棟。


旧日向別邸.JPG


本当に要るか?この街に。
実需?セカンドハウス?

因みに‥練りモノの美味さが、ハンパないです。

行かれた方は、まる天さんのタコ棒は、マストです。

まる天_タコ棒.JPG





2017.01.08

新年のご挨拶


NENGO_新年画像.jpg


新年、明けましておめでとうございます。
日々寒暖の差が激しい年末年始でしたが、皆様体調を壊されておりませんでしょうか。

昨年中は、不動産の購入からリノベーションまでのワンストップ事業を軸に、多くの方の
「暮らし」を提供させていただきました。

私たちは、インスタントに家を「販売する」ということをせず。、お一人お一人と丁寧に向かい
合いながら、その方の世界観や哲学、教育観や家族の関係性など、テキスト化することが
なかなか難しい奥底にあるものを汲み取り、人生という長い時間軸の中で、今のみを切り
取ることなく、長期的な視座も持ちながら、空間を創らせていただいております。

ややこしくてすみません。
でも、これが本当に大切なのです。

加えて昨年は、以下のような様々な事業も行わせていただきました。

歴史的建造物の継承

倉庫をバスケットボールコートに改装

1棟マンション再生

コーポラティブハウス事業始動

仕立てる賃貸

住宅や空間を一過性のトレンドとして考えるのではなく、多様性の強いこの時代に、
人によって個別に違う最適解を導くためには、リノベーションという選択肢のみならず、
様々な仕組みを内製出来る状態にしております。

本年も、皆様が「豊かに暮らす」ことが出来るように、尽力していきたいと思いますので、
引き続き、何卒よろしくお願い致します。


20160616_line_blog.png

298797_106470196129110_427627562_n.jpg


[ 空間ディレクター "仕立屋" ]

和泉 直人  izumi naoto

建築・不動産・デザイン・マーケティングの
4足のわらじを履く、空間創り・不動産目利
きの専門家。
北海道釧路市出身。3児の父。

*詳しくはこちら

ARCHIVE

CATEGORY

過去のブログはこちらから

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

PAGE TOP