会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

STAFF スタッフ紹介

和泉 直人

仕立て屋

和泉 直人

出身地:北海道
出身校:ファッション・インスティテュート・オブ・テクノロジー(FIT・米NY州)
好きなこと:酒・旅先での朝食・子育て・バスケットボール・スノーボード
好きな街:鎌倉・京都・北海道・小布施・NY・ロンドン
好きな建築: 世界平和記念聖堂(村野藤吾)
得意技:散髪

MESSAGE

建築・不動産・デザイン・マーケティングの4足のわらじを履く中古不動産×リノベーションの専門家。


―どんなこども時代でしたか?

教師の親に厳格に育てられ、ファミコン知らず・贅沢知らずの幼少時代。
小学校ではスーパー大回転(スキー)の選手。
但し学校では、猛烈ないじめにあう。
中学校ではバスケットボールに目覚め、選抜選手に選ばれて北海道優勝を経験。
5歳からはバイオリンを弾き始めるが、受験勉強と共に少しずつフェイドアウト。

―どんな学生時代でしたか?

高校時代もバスケットボールにのめり込むが、度重なる手術でまともにプレー出来ず。
この頃、とあることがきっかけで知った後進国の子供たちのダイヤモンド級の笑顔に惹かれ、自分の生涯は東南アジアにある!と宣言して、日本語学校の教師を目指す。
FIT(NY)時代に専攻していた空間デザイン学と、カメラにはまる日々。

―今まで暮らしてきた街は?

北海道・NY・東京。

―「豊かな暮らし」を考えるようになったきっかけは?

自分の成分をつくりあげてきた過程の延長線上に自然とあったもの・考え。
NYでは自分で家の壁を塗ることが、引越しの始まり。
必然的に「家」は単に寝るだけの巣ではなくなった。
帰国後に勤めた不動産会社では、単にモノを右から左に動かすだけの行為に違和感を感じ、設計事務所に転職。
人が豊かな暮らしを送るために、徹底的に考える日々が始まる。

―好きな時間は?なぜ好きなのですか?

お客様の豊かな暮らしを考えているときは、無条件にこちらも豊か。
仲間と語り合う時間。
14年間続けているミニバスケットボールの指導をしているとき。
ミニバスの教え子の卒業生と呑むとき。
地元のまちおこし事業。
子供を寝顔を見ているとき。
子供を抱きしめている時間。

―自分を作っている一番の要素は?

大切な人々との出会い。

WORK リノベーション施工実績

  • 家族とともに、成長していく家
  • ライブラリースペースで<br/>コミュニケーションを図る家
  • 色彩と、陰影を感じて生活する
  • 家族の在り方を考え、自然と​導かれた家

FAVORITE お気に入り

OTHER STAFF 他のメンバー紹介

  • 出蔵 善彦
  • 桃井 清花
  • 林 久順
  • 佐藤 正徳
  • 吉﨑 啓太

PAGE TOP